未分類

『私の家政夫ナギサさん』の第3話(7/21)の見逃し動画&ネタバレ感想はコチラ!

『私の家政夫ナギサさん』を見逃してしまった方!

動画を見たいならParaviがオススメ!!

サービス名 配信状況 無料期間
Paravi 2週間

今すぐ無料視聴してみる
2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません!

現在のドラマの状況やあらすじ 、他の方の感想などを参考にしてから判断したい場合はこちらの記事を一通り読んでから判断ください。

Paraviについて

主にドラマ作品を多数視聴できるビデオオンデマンドサービスです。

月額1017円(税込)で配信されるドラマが見放題という太っ腹なサービス!

最新作のドラマのチェックから、昔懐かしのドラマのチェックまでできます!登録無料となっており、登録後2週間は無料でお試しできます。それ以内で解約すれば一切お金がかかりませんので見逃してしまったドラマがあるならばこちらでチェックすることをオススメです!

『私の家政夫ナギサさん』の基本情報

放送日時・・・火曜22時〜

放送局・・・TBS

放送開始・・・7月7日〜

『私の家政夫ナギサさん』の見所は!?

国内最大級の電子書籍サイトである「コミックシーモア」発のオリジナルコミックである『家政夫のナギサさん」が原作のこのドラマ。少女漫画カテゴリーの中で大人気作品となり、今回、初めてWEBコミックがTBS連続ドラマの原作となりました!

バリキャリ28歳独身女子・相原メイ(多部未華子)は仕事はできても家事と恋が苦手。そんな彼女のもとに家事を完璧にこなすスーパー家政夫である鴫野ナギサ(大森南朋)が現れ戸惑います。また、メイの仕事のライバルとして田所優太(瀬戸康史)が登場し、仕事に恋に大忙しのメイ。そんな中、家政夫ナギサ、優太を含める3人の人間模様が注目のハートフルコメディです!

アラサー独身女性が共感する主人公

今や女性がキャリアを積むことが当たり前となった時代。主人公のメイはバリバリ仕事をこなし、失敗すれば落ち込み、うまくいけばホッと肩を撫で下ろします。上司や同僚、後輩からも慕われ、誰もが応援したくなるキャラクラーです。でも、家に帰ると仕事に疲れきって家事ができないくらいへっとへと。やらなきゃとわかっていても仕事の疲れでなかなかできないものです。そんな主人公・メイに共感する女性は多いのではないでしょうか?

公式HPではInstagramやTwitterで「働く女子あるある」を募集。「#わたナギ働く女子あるある」を同じ境遇にある女子たちでシェアすることができます!また、メイのファッションにも注目です!スタイリッシュなオフィスカジュアルから、家でのゆる〜りリラックススタイル。どの服もとっても素敵で、真似てみたくなります!公式Twitterでもメイのファッションに関しての投稿が見ることができるので要チェックです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#わたナギ 第1話 ご視聴ありがとうございました❣いかがでしたか? そして…!沢山ご要望もいただいていた メイちゃんのファッションをご紹介します🙆 このピンクジャケット、中のトップスは3枚重ね着! トップスの下からシースルーを出して遊んでみるのも今年っぽくてオススメ🥰 #伝説の家政夫ナギサさん #火曜の癒しになりますね💗 #メイちゃんの部屋もあるある #ってなった方多いのでは #これからメイちゃん #恋も仕事も頑張ります #それにしても田所 #いい男過ぎません? #わたナギFashion #スタイリストさんのオススメポイントも聞いてみました🙆 #私の家政夫ナギサさん #多部未華子 #大森南朋 #瀬戸康史 #tbs #火曜ドラマ #第2話 #7月14日 #火曜よる10時

【公式】TBS系列火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(@watanagi_tbs)がシェアした投稿 –

主婦は必見!家事の豆知識が盛り沢山!

スーパー家政夫ナギサ(大森南朋)は家事のプロフェッショナルです。掃除、洗濯、料理をパーフェクトにこなしていきます。その見事な働きの中には、普段の家事で役立つ情報が沢山組み込まれています!掃除洗濯の監修は誰もが知っている(株)ダスキンの家事代行サービス部門です。そして、料理の監修は料理家・栗原はるみさんの息子である栗原心平さんです!掃除洗濯に関する家事テクも栗原心平さん考案メニューのレシプもInstagramで公開されているので、ぜひ普段の生活に取り込みたいところですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

いよいよ明日第2話放送ですね💛💛 皆さん楽しみに待っていただいているかと思いますが…❣ 今日は、ナギサさんの家事テクニック#ナギテク をご紹介しちゃいます~~🥰 これからの季節、室内を素足で歩くことも多く 汚れが気になる方も多いのではないでしょうか?? ぜひ家政夫ナギサさんのナギテク実践してみてね! #大森さん自身も #監修の先生に教わりながら #勉強になっていると #おっしゃってました👏 #ナギテクはHPでコラムとして毎週連載中です! #いよいよ明日! #第2話です!! #おじキュン #明日もあります #冒頭からおじキュンです #お楽しみに💙 #私の家政夫ナギサさん #わたナギ #多部未華子 #大森南朋 #瀬戸康史 #tbs #火曜ドラマ #第2話 #7月14日 #火曜よる10時 #お掃除 #ライフハック #家事テク

【公式】TBS系列火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(@watanagi_tbs)がシェアした投稿 –

『私の家政夫ナギサさん』の全話については下記のページを参考にしてください!

『私の家政夫ナギサさん』第3話のあらすじ

第3話(7/21)のあらすじ

メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。
メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。
ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。
ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘!
しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。
そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。

第3話を見逃してしまった方はParaviで視聴可能です!Paraviについては下記リンクよりご確認ください!またこれより下はネタバレになるので、読みたくない方はご注意ください!!

『私の家政夫ナギサさん』第3話のネタバレ&感想

第3話(7/21)のネタバレ

第3話は、家の中で足を滑らせたメイをナギサが助けようと支えた時、メイの母・美登里が予定より早く家に着いて、その状況を目撃されるという事態から始まります。

ナギサをメイの彼氏だと思った母はナギサさんに質問をものすごいいきおいで投げかけます。そして、散らかり放題のメイの部屋を見て愕然とします。

家事ができないことが母にバレってしまったメイ。。。気まずい雰囲気が流れます。

ナギサは自分がメイの妹・唯と同じ家事代行サービス会社で働く家政夫であることを母・美登里に伝えます。しかし、母はナギサのことを馬鹿にするような態度をとります。

メイが母を部屋に呼ぶと、家事ができないメイにガッガリした母は「やればできる。仕事も家事も両立できるようにならないと!」と言われます。実は自分自身も全く家事ができなかった母・美登里。だからこそメイには一片の悔いもない人生を送って欲しいと話します。

その間にナギサは部屋をきれいに片付け、夕飯を作っていました。部屋を出てきた母・美登里その手際の良さと、味見をした時の料理の美味しさに驚きながらも、「うちの娘をあんまり甘やかさないでくださいね」とチクリ。

母の気持ちを汲んだメイは、「やればできる」の呪文の言葉のとおり、仕事も家事も頑張ることを決心します。ナギサにも「家事を克服したい」と告げ、家政夫の契約を一旦終了することになります。ナギサはそんなにひとりで頑張らなくてもいいのに、とメイのことを心配します。そんなナギサにメイは「本当のお母さんみたい」と心を惹かれていきます。

後日、母・美登里はナギサの会社を訪れ、メイが家事が苦手なことを嘆きます。それに対し、ナギサは「苦手なことやできないことは一つや二つはあります」と諭します。それでも美登里は「いまからでも遅くはない。苦手なことでもやれば必ずできる。甘やかしたくないんです」とナギサの意見に食い下がることなく反論します。そんな美登里にナギサは「メイさんは何事にも一生懸命な方。できるところだけではなく、できないところも見てあげてください」と優しく話します。

仕事では講演会の講師が無事に決定し、一安心のメイ。家事も頑張ると決めたことで、余計な手間が増え、疲労が溜まっていながらも講演会の準備を深夜まで頑張ります。そして、いざ本番当日!という時にまさかの講師が電車の遅延により、講演に間に合わないかもとい事態が起こります。しかし、講演をオンラインで行うことにしなんとかチームプレイで成功させます。

そして、過労が溜まりに溜まったメイは高熱を出して寝込んでしまいます。ちょうど母・美登里がストールを取りに来て助けますが、メイがつぶやいて呼んだのは「おじさん」。美登里は体温計すら使うことが出来ず、ナギサを呼びます。ナギサは「人の大事に変えられるものはない」とメイのところへ駆けつけ看病します。その様子を見た美登里は帰ろうとするが、ナギサは「本当に必要なのはお母さん。何も出来なくていい。お母さんにしかできないことがある。側にいてあげてください。」と美登里に伝え、一緒に雑炊をつくります。

朝になり目を覚ましたメイを母・美登里は抱きしめます。子供のころは「やればできる子」と言われながら抱きしめられていたメイですが、今回ナギサの言葉を受け母・美登里が発した言葉は「大丈夫よ、お母さんどこにも行かないから。メイとずっと一緒にいる」でした。「やればできる」の呪文が解かれた瞬間でした。

「そんなに一人で全部頑張らなくてもいい」というナギサの言葉にも甘え、家政夫の契約も週3日3時間ずつの内容で再契約をすることにしました。

第3話(7/21)の感想

『私の家政夫ナギサさん』第3話のまとめ

メイと母・美登里の関係までも変えてしまうナギサの存在。母親のような包容力がとても素晴らしく、家にひとりいて欲しいくらいです!今回でさらにナギサファンが増えたのではないでしょうか!?

今回のまとめ

  • メイと母・美登里の親子関係に変化がありました!
  • 最新話のみであればTVerで見ることが可能!!
  • ドラマ全話見ることができるのはParaviのみ!!
  • Paraviであれば現在2週間の無料体験サービスを実施中!!

今すぐ無料視聴してみる
2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません!