未分類

『私たちはどうかしている』の見逃した動画を見るならコチラ!横浜流星&浜辺美波W主演のラブミステリー!

私たちはどうかしているを見逃してしまった方!!
動画を見たいならHuluがオススメ!!

サービス名 配信状況 無料期間
Hulu 2週間

今すぐ無料視聴してみる
2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません!

『私たちはどうかしている』を見逃してしまった場合、無料で見られるオススメサイトはHuluです。

見逃した場合はこちらからチェックしてみてください。

>>Huluの簡単な登録方法はこちらからチェック!

Huluの登録方法と事前に知っておきたいこと オススメのVODサービスを探している Huluに登録しようか迷っている Huluに契約するつもりだけど登録前に注...

現在のドラマの状況やあらすじ 、他の方の感想などを参考にしてから判断したい場合はこちらの記事を一通り読んでから判断ください。

私たちはどうかしているの見逃した動画は他の動画配信サイトでは見られないの!?

私たちはどうかしているを見逃してしまった場合、沢山ある動画配信サービスの中から、見ることができるのはたった2つの動画配信サイトです。

サービス名 配信状況 無料視聴期間
Hulu 14日間無料
TVer △(最新ドラマのみ) なし
Gyao × なし
Netflix × なし
AMEBAプレミアム × 30日間無料
U-NEXT × 31日間無料
TELASA × 30日間無料
FODプレミアム × 14日間無料
Paravi × 14日間無料

 

TVerについて

TVerは民法テレビ局が連携した公式テレビポータルサイトで、約300番組がすべて無料で見ることができます。いつもでどこでも好きなデバイスで自由に視聴できるのでとても良いですよね。

ただ、視聴期間が番組終了から約7日間しかないんです!なので、初回から見たい方や何度も見返したい方にとってはちょっと不便なんですよね。

Huluについて

Huluは2014年から日テレグループに加わり、映画を始め、ドラマ、バラエティ、アニメ、スポーツ、音楽、ニュースと幅広いジャンルで動画を配信しているサービスです。

2020年7月の現時点で約6万本以上の動画が配信されています!月額料金は1,026円(税込)で利用することができて、2020年6月からは月額料金に加え、レンタル/購入サービスも始まりました。

2週間の無料お試し期間があるので、誰でも気軽にサービス利用を検討することができます!

>>Huluの登録方法や登録時に注意したいことはこちら!

Huluの登録方法と事前に知っておきたいこと オススメのVODサービスを探している Huluに登録しようか迷っている Huluに契約するつもりだけど登録前に注...

私たちはどうかしているの基本情報

放送日:毎週水曜日22時〜

放送局:日本テレビ

放送開始:8月12日〜

私たちはどうかしているのメインキャスト一覧

・高月  椿  ・・・  横浜 流星
・花岡 七桜  ・・・  浜辺 美波
・城島 祐介  ・・・  高杉 真宙
・長谷 栞  ・・・ 岸井 ゆきの
・山口 耕一  ・・・  和田 聰宏
・富岡 勝  ・・・ 岡部 たかし
・安部 大吾  ・・・  前原 滉
・杉田 綾人  ・・・  草野 大成
・高月 今日子 ・・・  観月 ありさ
・高月 宋寿郎 ・・・  佐野 史郎
・高月 樹  ・・・   鈴木 伸之
・多喜川 薫 ・・・ 山崎 育三郎
・宮部 夕子  ・・・  須藤 理彩
・大倉 百合子 ・・・  中村 ゆり

私たちはどうかしているのあらすじは?

舞台は老舗和菓子店「光月庵」。15年前に起こった若旦那(鈴木伸之)の殺害事件を巡り、二人の若者が過酷な運命に翻弄されながら惹かれ合うラブミステリーです。

若旦那の息子である高月椿(横浜流星)の証言によって、警察は住み込みで働いていた女性職人(中村ゆり)を殺人容疑で逮捕します。椿(横浜流星)には女性職人の娘である花岡七桜(浜辺美波)という幼馴染みがいて、お互い初恋の相手でもありました。しかし、この事件をきっかけに、”被害者の息子”、”容疑者の娘”という立場になり、互いに憎しみ合ったまま離れ離れになってしまいます。

それから15年後、2人は思いも寄らぬ形で再会します。目の前に現れた七桜(浜辺美波)が幼なじみとは気づいていない椿(横浜流星)は、家族によって決められた結婚を破談にするために会ったその日に七桜(浜辺美波)にプロポーズをします。七桜(浜辺美波)は母(中村ゆり)の無実を証明するために、正体を隠したまま椿(横浜流星)の申し出を受け入れることにしました。しかし、その偽装結婚の先には結婚に反対する椿の母親(観月ありさ)の嫌がらせやドロドロのお家事情が待ち受けています。

私たちはどうかしているの見どころは?

和菓子に着物の美しい世界

老舗和菓子屋が舞台のドラマ。キャストたちの美しい和装姿は古き良き日本を彷彿とさせることでしょう。主演の浜辺美波と横浜流星の和装姿は本当に美しく、大女将役である観月ありさも歳を重ねながらも美しさは顕在、大女将という役がまさにはまり役で、渋い着物を着こなす姿はさすがの貫禄です!

 

それに加え、今となっては見ることが難しくなってきてしまった風情漂う庭付きの日本家屋が映し出されます。また、職人たちがつくりだす和菓子の繊細さも見所です。ドラマの中では職人がどのような用途のために、どんな意味を込めて和菓子をつくっているのかひとつひとつ解説のシーンがあります。今まで、和菓子を食べる時に意味を考えたことがある方はいますか?そもそも和菓子を食べる機会もあまりなかったりしませんか?このドラマをきっかけに和菓子を食べてみたい!と思ったり、食べる時にちょっとだけどんな意味が込められているのか考えるのも面白いかもしれませんね!

美しさとは真逆のドロドロストーリー

着物、和菓子の美しさの世界とは対照的に、ドロドロな愛憎劇なストーリー展開は目が離せなくなりそうです!ストーリーは七桜(浜辺美波)のナレーションで15年前と現在を交差しながら進んでいきます。七桜は15年前に起きた母(中村 ゆり)との人生を狂わせた事件の真相を明らかにするため、当時の屈辱を晴らすために、椿(横浜流星)の結婚の申し出を受け入れます。並々ならぬ決意を持った七桜は姑(観月ありさ)の嫌がらせを受けることとなります。先にも述べた通り、貫禄を増したこわーい観月ありさの演技は見逃せません!!

また、15年前の事件の真相が少しづつ明かされていくので、視聴者はその考察を楽しむことができるでしょう!

私たちはどうかしている各放送のあらすじと感想

私たちはどうかしているの各話ごとのあらすじと感想はこちらです!

第1話(8/12)

第1話あらすじ

花岡七桜はなおかなお(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由まゆ(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵こうげつあん”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

15年前―。和菓子職人だった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿たかつきつばきと出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・いつき(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…!椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿つばき(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?

対決の後、七桜を待っていた椿。椿は“初対面”の七桜に、突然プロポーズして…!?七桜と椿、2人の波乱に満ちた運命が動きだす―――!

(公式HP引用:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/01.html)

『私たちはどうかしている』第1話(8/12)の見逃した動画はコチラ!本当にどうかしているドラマだった!私たちはどうかしているを見逃してしまった方!! 動画を見たいならHuluがオススメ!! サービス名 配信状況 ...

第2話(8/19)

第2話あらすじ

光月庵で暮らし始めた七桜なお(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿つばき(横浜流星)。厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島じょうじま(高杉真宙)の話から、15年前、先代のいつき(鈴木伸之)が亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくからこんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子きょうこ(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!その頃、白藤屋には謎の男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)の姿があった…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!しかし、ベテラン職人・富岡とみおか(岡部たかし)の不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!

(公式HP引用:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/index.html)

『私たちはどうかしている』第2話(8/19)の見逃した動画はコチラ!七桜と椿の婚約者としての生活が始まり待ち受けていたことは?私たちはどうかしているを見逃してしまった方!! 動画を見たいならHuluがオススメ!! サービス名 配信状況 ...

第3話(8/26)

第3話あらすじ

なぜ椿つばき(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜なお(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川たきがわ(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

(引用公式HP:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/)

『私たちはどうかしている』第3話(8/26)の見逃し動画はコチラ!大旦那と椿の関係の真実私たちはどうかしているを見逃してしまった方!! 動画を見たいならHuluがオススメ!! サービス名 配信状況 ...

第4話(9/2)のあらすじ

第4話あらすじ

椿つばき(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜なお(浜辺美波)はどう答えるのか?そして、椿の反応は…!?一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子きょうこ(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島じょうじま(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。そこはかつて七桜が母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川たきがわ(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。その店の名前を聞き、ピンとくる椿。実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。さらに、椿を想い続けているしおり(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

(引用公式HP:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/index.html)

第5話(9/9)のあらすじ

第5話あらすじ

 

私たちはどうかしているのまとめ

今を代表する美男美女、横浜流星と浜辺美波のW主演作の私たちはどうかしている。

和装や和菓子など美しい世界とドロドロの世界を楽しむことができるラブミステリーです!毎週水曜日夜10時!見逃せなくなりそうです!

今回のまとめ

  • 横浜流星と浜辺美波のW主演!ふたりの美しさに注目!!
  • ドラマ美しい世界感とは真逆なドロドロなストーリー展開に注目!
  • 私たちはどうかしているを見るならHuluがオススメ!!
  • Huluなら現在2週間の無料体験サービス実施中!!
  • もし気に入ったなら月額933円でいつでも見逃し動画が見放題!!

横浜流星さんと浜辺美波さんの活躍を楽しみに、応援していきましょう!

今すぐ無料視聴してみる
2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません!