未分類

『未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2』の見逃した動画を無料で見るならコチラ!

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2を見逃してしまった方!!
動画を見たいならTELASAがオススメ!!


サービス名 配信状況 無料期間
TELASA 30日間

今すぐ無料視聴してみる
無料視聴期間に解約すれば一切お金はかかりません!

『未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2』を見逃してしまった場合、無料で見られるオススメサイトはTELASAです。

見逃した場合はこちらからチェックしてみてください。

>>TELASAはこちらからチェック!

現在のドラマの状況やあらすじ 、他の方の感想などを参考にしてから判断したい場合はこちらの記事を一通り読んでから判断ください。

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2の見逃した動画は他の動画配信サイトでは見られないの!?

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2を見逃してしまった場合、沢山ある動画配信サービスの中から、見ることができるのはTELASAです。

サービス名 配信状況 無料視聴期間
TELASA 30日間無料
Hulu × 14日間無料
Netflix × なし
AMEBAプレミアム × 30日間無料
U-NEXT × 31日間無料
FODプレミアム × 14日間無料
Paravi × 14日間無料

TELASAについて

TELASAは2012年に”ビデオパス”として始まった動画配信サービスです。2020年にTELASAという名前に変わりました。テレビ朝日系列の映画やドラマ、アニメなど幅広いジャンルの映像作品を配信している動画配信サービスです。

2020年7月の現時点で約1万本以上の動画が配信されています!月額料金は618円(税込)で利用することができて、無料ポイントとして550ポイントが付与されるので、そのポイントで最新作品を視聴することもできます!

30日間の無料お試し期間があるので、誰でも気軽にサービス利用を検討することができます!

>>TELASAはこちらからチェック!

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2の基本情報

放送日:毎週木曜日21時00分〜

放送局:テレビ朝日

放送開始:2020年8月6日(木)

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2のメインキャスト一覧

  • 矢代朋(やしろ・とも)(30)・・・波瑠

  • 古賀清成(こが・きよなり)(52)・・・沢村一樹

  • 岡部守(おかべ・まもる)(34)・・・工藤阿須加

  • 桑部一郎(くわべ・いちろう)(46)・・・山内圭哉

  • 多部和樹(たべ・かずき)(25)・・・飯島寛騎

  • 宗像利夫(むなかた・としお)(48)・・・皆川猿時

  • 国木田哲夫(くにきだ・てつお)(46)・・・谷原章介

  • 財津喜延(ざいつ・よしのぶ)(60)・・・高田純次

  • 草加慎司(くさか・しんじ)(55)・・・遠藤憲一

  • 鳴海理沙(なるみ・りさ)50)・・・鈴木京香

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2のあらすじと見所は?

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)、一見正反対の凸凹コンビがバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していくミステリー。

このドラマの肝は、現在起きた事件と、何年もの間、捜査が止まっていた未解決事件が、文字によって結びつき、人と人とを結びつけていくところにある。初回では、「もーいちど ころす しょーしたい」というすべてひらがなで書かれた文言をめぐって、『未解決の女』らしいトリックがさく裂する。この辺りに注目しながらストーリーを楽しむとより見応えのあるドラマになることでしょう!

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2各放送のあらすじと感想

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2の各話ごとのあらすじと感想はこちらです!

第1話(8/6)

第1話あらすじ

 テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。それは…「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった! 警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった――。
この未解決事件の発生から5年。警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていたのだ!
話を聞いて、5年前の事件との関連性を疑う矢代朋(波瑠)鳴海理沙(鈴木京香)ら「文書解読係」の面々。すると、いつもは「文書解読係」を見下している「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)が珍しく、直々に捜査を許可する。なぜなら、古賀と幸坂は高校の同級生だったからだ!
古賀の許しを得た朋は、大手を振って捜査を開始。幸坂殺害事件の発生時に「サイレントなんとか」という“謎の叫び声”が聴こえた、との情報を入手する。一方、5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が、どうも引っかかり…!? だが、有田と幸坂の接点は一向に見つからず、捜査は難航。そんな中、幸坂の本棚を洗い直した朋は、意外な人物とのつながりを発見する! と同時に、「文書解読係」の主任・草加慎司(遠藤憲一)は、部屋の“あるもの”が気になり…。
まもなく、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二)が、わざわざ静岡から遺体を引き取るため、警視庁へ。彼の話から、2つの事件をつなぐ“驚愕の事実”が明らかになる! その頃、理沙は“新たな文字”に激しく反応。“とんでもないこと”を察してしまい…!?

(公式HP引用:https://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu02/story/0001/)

 

第2話(8/13)

第2話あらすじ

 クセのある書風で「藤原」と刺繍されているスーツを着た男性が、他殺体で見つかった。刺繍の文字が気になった「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が、文字のエキスパートである先輩・鳴海理沙(鈴木京香)に見せると、理沙はハッと目を見張る。その書風は、理沙も大好きな鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した《定家様(ていかよう)》だったからだ! 被害者は“ただの藤原さん”ではないとにらむ理沙。と同時に、彼女の脳裏には“ある未解決事件”の記憶がよみがえる――。

それは今から10年前、国文学の権威である啓星大学の教授・板橋京介(佐渡稔)が、研究室内で何者かに殺された事件。研究室からは、古書店「大蔵堂」の店主・倉木達也(合田雅吏)が「鑑定のため板橋に預けていた」と主張する古書が消えていたのだが、その古書こそは藤原定家の直筆による写本=《定家本》の可能性がある代物だったのだ!

消えた古書がもし本物の《定家本》ならば、国宝級の大発見だ。まるで恋でもしたかのように興奮した理沙は、いつもなら嫌がる外回りの捜査を率先して開始。さっそく朋と一緒に、10年前の事件で一時は疑いの目を向けられた啓星大学の国文学教授・真田誠(松下由樹)の自宅を訪問する。改めて10年前のことを聞きたいと告げる朋たちに対し、怒りをあらわにする誠の夫・真田学(野間口徹)。一方、誠自身は快く応対してくれるが、有力な手がかりとなるような話は出てこず…。

その矢先、両事件の新接点が判明する。なんと“刺繍の被害者”は8年前まで「大蔵堂」に勤めていた藤原伸一(おかやまはじめ)だったのだ! この事実をもとに「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は“大胆な仮説”を立て、両事件を正式に関連付けて捜査することを決定。朋も古賀の仮説には一理あると考えるが、理沙はなぜか全否定し、自分のやり方で単独捜査すると宣言して…!?

(公式HP引用:https://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu02/story/0002/)

第3話(8/20)

第3話あらすじ

 熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩)。そんな学園きっての英雄ともいえる片山が全国大会の開幕前日、何者かに殺された。だが、犯人の特定は思いのほか難航…。事件は未解決のまま、月日は流れてしまっていた――。

 あれから3年。ある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が自宅のリビングで殺されているのが見つかる。しかも、リビングのDVDデッキに入っていたディスクには、非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と記されていたのだ! 収録されていた映像は、例の未解決事件から3年が経ち、再び全国大会出場の切符を手にした同校バスケ部の特集番組。だが奇妙なことに、録画されていたのは番組の途中からで、ディスクに残された指紋も被害者のものではなかったのだ!

 2つの事件には何らかのつながりがある――そうにらんだ矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、さっそく録画された番組の元映像を手配し、最初から見直すことに。すると、そこに収められていた3年前の片山の指導映像に、なぜか望の姿が映り込んでいることが判明し…!?

 手がかりを求めて稜泉学園へ向かった朋は、3年前に同校バスケ部のキャプテンだった教育実習生・唐木田玲一(伊藤健太郎)が、授業で国語辞典を使ったクイズを展開している姿を目撃。興味を示す朋に、玲一は高校時代に感銘を受けた国語教師・藤沢さおり(高梨臨)の授業の受け売りなのだと明かす。密かに玲一自身の“ある行動”が気になっていた朋は、彼が持っていた高校時代の授業ノートを借り、文書捜査のエキスパートである鳴海理沙(鈴木京香)に見てもらうことに。すると、理沙は“ある単語”と“出題された日付”の間に、どうにも拭えない違和感を覚え…!?

(公式HP引用:https://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu02/story/0003/)

第4話(8/26)

第4話あらすじ

 

(公式HP引用:    )

第5話(/)

第5話あらすじ

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2のまとめ

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2が始まりました!すでに見逃してしまった方は、追いつくためにTELASAの配信で最新作までチェックしておきましょう!

今回のまとめ

  • 波瑠さん達の演技に注目!
  • 未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2を見るならTELASAがオススメ!!
  • TELASAなら現在30日間の無料体験サービス実施中!!
  • もし気に入ったなら月額618円でいつでも見逃し動画が見放題!!

今すぐ無料視聴してみる
30日以内に解約すれば一切お金はかかりません!